N-News Agency

N-News Agency(N通信社)では、管理人nishikoの日々の出来事やその日気づいたことをつらつら綴ります。

反安倍軍団、ちょっとナンセンスじゃないか?【沖縄・慰霊の日】

f:id:konishi064:20170625222242j:plain

どうも、こんにちは。

昨日、実は記事を書くつもりだったのですが、二日酔いで気持ち悪くてぶっ倒れていました。すみません。

 

 

さて6月23日ですが、沖縄では慰霊の日でした。

沖縄での激戦による戦没者が日米合わせて20万人いらっしゃいます。

その方々に対する慰霊の式典を毎年開いています。

 

ところで、今上天皇が大事にされている記念日が4つあるそうです。

それは、8月6日広島原爆投下の日・8月9日長崎原爆投下の日・8月15日終戦記念日

そして、6月23日の沖縄戦終結の日です。つまり慰霊の日ですね。

 

それほど沖縄県民あるいは日本国民全体にとって大事な日なのです。

 

 

その慰霊の式典が例年通り、行われていたわけですが、

まぁ、ひどい。

TBSの報道特集も拝見しましたし、慰霊式典の映像も見ました。

 

なぜ、なぜ、反安倍の活動家(?)の方々が、式典の最中に

共謀罪反対!」とか「戦争屋安倍に慰霊する資格はない!」とか、

まして安倍首相が登壇されると一斉に「帰れ!」と声を上げているのでしょうか。

 

慰霊のために式典にいらっしゃっているのであれば、その日くらいは祈りを捧げてもいいのではないでしょうか。

少しTPOをわきまえて、政治的な発言は控えるべきでしょう。

 

とはいえ、沖縄県民全員がそういったことをおっしゃっているのではないということは理解しています。

きちんと慰霊を捧げるつもりでいらっしゃる方も多い(というよりそちらの方が多い)でしょうに、非常に残念な気持ちでした。

 

私自身、長崎出身です。

沖縄とは事情が違うかもしれませんが、毎年原爆の日には黙祷を捧げています。

私にとって原爆の日というのは、一種の悲しみや怒りといった感情もありつつも、一方で非常に安らかな日なんです。

もしその日が、こういった政治的発言や、場をわきまえない発言によって壊されてしまったら、私は悲しい。

慰霊を捧げる日、場所を壊さないでほしい、と素直に感じたのでした。